虫歯にならないために

MENU

虫歯にならないために

虫歯にならないためには、虫歯の3要素である歯質・虫歯菌・食べ物が重なる時間をできるだけ少なくすることです。
いつも何か食べのが口の中に入っている状態だと、常に虫歯になりやすい状態だということです。
食事と食事の間に砂糖たっぷりの甘いお菓子を食べたり、甘いジュースなどを飲んだりしていると、虫歯菌にご飯をあげているようなものです。
寝る前にお菓子を食べたりすると、虫歯菌は大喜びです。
虫歯にならないためには、食事と食事の間は間食を控え、お口を休ませてあげることが大切です。
規則正しい生活をすれば、虫歯になるリスクは少なくなります。
唾液も本来の働きができますので、歯の表面の汚れを洗い流し、虫歯菌の出す酸を中和してくれます。
ちょっとしたケガをした時、唾を付けたりした経験はありませんか。
これも唾液に殺菌作用があるからです。
寝ている間は唾液の分泌はかなり少なくなり、無防備の状態になります。
最も虫歯になりやすいときです。
ですから、寝る前にはお菓子などの間食を控えて、歯磨きで口の中をきれいにしておくことが重要なポイントです。