虫歯はどうして出来る

MENU

虫歯はどうして出来るの?

虫歯ができるためには、歯質、細菌、糖、時間の4つの要素があります。
歯質は、歯が強いか弱いかによって、虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされ虫歯になりやすいのかということです。
細菌は、虫歯菌のことでミュータンス菌と言います。
この菌が歯垢を作ったり、歯を溶かす酸を作ります。
口内常在菌と言って、誰の口の中にもいる菌です。
ただ、この菌が多い人と少ない人があり、多い人は虫歯になるリスクは高くなります。
糖は、食べ物の中の糖質が虫歯の栄養源となり、磨き残しがあったり、砂糖を含むお菓子や飲み物を摂りすぎたりすると虫歯になりやすくなります。
時間は、歯質・細菌・糖の要素が重なり、その時間が長ければ長いほど虫歯になるリスクが高くなります。
虫歯菌は糖分を栄養として、歯垢(プラーク)を作ります。
歯垢は虫歯菌の巣で、そこで繁殖します。
虫歯菌の活動が活発になると、酸を作り出し、歯を溶かすようになり、虫歯となります。
口の中の唾液には歯の汚れを落としたり、虫歯菌の酸を中和させる働きがありますが、寝ている時はあまり出ませんので、虫歯になりやすい時間帯となります。