むくんだ極太足をすっきり綺麗に解消してくれるプロのむくみ対策3つについて

美脚になりたくてもなれない誘因が、冷えとむくみだと言われています。これらのプロブレムを解決するには汗をかくことが必須条件となりますが、この先、梅雨になると、肌表面が湿り気にカバーされて発汗しにくくなり、その上今以上にむくみが酷くなります。

なので、今回は、むくみやすい期間を乗り切る技について、書きにまとめて書いてみました。

●むくみを認知できているかとむくみによる体の変化に気をつけましょう

近頃、以下のような症状に悩んでいませんか?

・ボディがきつい、鬱陶しい、むくむ
・メンス、こしけののクオンティティが増加する
・ 胃の調子が悪い
・肩が張る、頭がズキズキする 、関節痛が強度になる
・モチベーションが上がらない、普段よりやたら眠気がすごい

東 洋医学でいとこれらの状況は「湿邪(しつじゃ)」と言います。また湿邪の状況で長期間留まって熱を発生すると「湿熱(しつねつ)」という状況となり、熱や 水 っぱな 、目くそが出たり、口炎ができるなどの状況が出現することもあります。このような現象が現れる前に、ボディをよくお手入れしましょう。

● 胃袋を大切にすることが重要

湿邪のインフルエンスが大きいと、格段、下半身がむくみやすくなります。どうしてかというと、下半身にトロットしている胃袋 のルートが一番インフルエンスされやすいからです。

なので、胃袋を大事にすることが、むくみを防止する主点となります。冷えているものの過剰摂取を極力控え、食べる時はしっかりと噛砕くこと、食後10分くらいはじっとままでいて、胃袋の作用を手伝ってあげるように努めましょう。

●夏野菜・フルーツにも着想を凝らす

上記に書いたとおりに、梅雨の期間はむくみが強度になります。なので、むくみの誘因である体の温度を下げてしまいがちな夏野菜やフルーツには必ず加熱調理し、きちんと料理してから食べましょう。

また、むくみを防止する際に推奨される食品は、ヨクイニンやアズキ、ロクトウ、 コーン などです。これらを摂取し、均整の取れた食事を肝に銘じましょう。

●ツボ押しによって新陳代謝をよくする

痩身サロンでも推奨されているのが、水分代謝に効果があるツボ・陰陵泉(いんりょうせん)への刺戟です。

胃袋のルートの真上にもあり、指で押しやすい位置づけにあります。指で頻繁にプッシュしたり、ドライヤーを活用したり(火傷に注意)、湿を飛ばすというお灸をすえることも効果的です。

一度、湿邪にインパクトされると、そこからは簡単に脱出することが困難だと言われています。なので、日頃から湿邪防止をきちんとすることが重要です。上記のお手入れと主点を理解するようにして下さい。