ミュゼで両膝下を脱毛しました

ミュゼプラチナムというエステサロンで、両膝下を脱毛しています。
膝下の脱毛をしようと決めたきっかけは、カミソリや脱毛器による自己処理を頻繁に行うのがとにかく面倒だったことや、無駄毛を気にせず自信を持って素足でオシャレを楽しみたいと感じた点です。
ミュゼは有名サロンというだけあって、他エステよりもエステティシャンの接客の丁寧さや気配りの細やかさが際立っている印象を受けましたし、ガウンやタオルなども非常に清潔で、値段のリーズナブルさに相反して、かなり上質で居心地が良いサロンといった印象を持てました。
膝下を手入れしてもらう時にも、丁寧に肌状態を見てくれ、私がうっかり剃り残していた無駄毛もその場で何も咎めずシェービングしてくれたり、対応もサービスも非常に良かったです。
エステティシャンも全く勧誘してこないですし、エステ慣れしてない私も快適に通えてます。
ジェルをたっぷりと肌に塗布してもらってから、マシンで光を当ててもらって脱毛しますが、全体的にまんべんなく360度全体的にお手入れしてもらえました。
じんわりと温かさが肌に伝わる感触こそ有りましたが、特別痛さや肌への痺れなども感じず、とても快適に脱毛できました。
ミュゼで脱毛してから半月ほどで綺麗にごっそり膝下の無駄毛も全て抜け落ち、すべすべの毛穴レスな美肌を手に入れられて、大変感動しました。

むくんだ極太足をすっきり綺麗に解消してくれるプロのむくみ対策3つについて

美脚になりたくてもなれない誘因が、冷えとむくみだと言われています。これらのプロブレムを解決するには汗をかくことが必須条件となりますが、この先、梅雨になると、肌表面が湿り気にカバーされて発汗しにくくなり、その上今以上にむくみが酷くなります。

なので、今回は、むくみやすい期間を乗り切る技について、書きにまとめて書いてみました。

●むくみを認知できているかとむくみによる体の変化に気をつけましょう

近頃、以下のような症状に悩んでいませんか?

・ボディがきつい、鬱陶しい、むくむ
・メンス、こしけののクオンティティが増加する
・ 胃の調子が悪い
・肩が張る、頭がズキズキする 、関節痛が強度になる
・モチベーションが上がらない、普段よりやたら眠気がすごい

東 洋医学でいとこれらの状況は「湿邪(しつじゃ)」と言います。また湿邪の状況で長期間留まって熱を発生すると「湿熱(しつねつ)」という状況となり、熱や 水 っぱな 、目くそが出たり、口炎ができるなどの状況が出現することもあります。このような現象が現れる前に、ボディをよくお手入れしましょう。

● 胃袋を大切にすることが重要

湿邪のインフルエンスが大きいと、格段、下半身がむくみやすくなります。どうしてかというと、下半身にトロットしている胃袋 のルートが一番インフルエンスされやすいからです。

なので、胃袋を大事にすることが、むくみを防止する主点となります。冷えているものの過剰摂取を極力控え、食べる時はしっかりと噛砕くこと、食後10分くらいはじっとままでいて、胃袋の作用を手伝ってあげるように努めましょう。

●夏野菜・フルーツにも着想を凝らす

上記に書いたとおりに、梅雨の期間はむくみが強度になります。なので、むくみの誘因である体の温度を下げてしまいがちな夏野菜やフルーツには必ず加熱調理し、きちんと料理してから食べましょう。

また、むくみを防止する際に推奨される食品は、ヨクイニンやアズキ、ロクトウ、 コーン などです。これらを摂取し、均整の取れた食事を肝に銘じましょう。

●ツボ押しによって新陳代謝をよくする

痩身サロンでも推奨されているのが、水分代謝に効果があるツボ・陰陵泉(いんりょうせん)への刺戟です。

胃袋のルートの真上にもあり、指で押しやすい位置づけにあります。指で頻繁にプッシュしたり、ドライヤーを活用したり(火傷に注意)、湿を飛ばすというお灸をすえることも効果的です。

一度、湿邪にインパクトされると、そこからは簡単に脱出することが困難だと言われています。なので、日頃から湿邪防止をきちんとすることが重要です。上記のお手入れと主点を理解するようにして下さい。

夏に向けて美脚を手に入れよう

もうすぐ日差しの暑い夏がやってきます。
肌の露出も増えてきますね。
特に足の露出は女性にとって問題が数多くあります。
私は単刀直入に申しますと、下半身デブ!です。
胸は真っ平らでげっそりしているのに…お腹から下はたぷたぷで、おしりと足に関してはたくましいくらいです。
若い頃からお腹と足に肉がつきやすく悩んでいました。
とくに足の肉のつき方は、ポチャポチャした感じではなくムキッとしたスポーツマンのような男性的な足をしていました。
若かった頃の私は怖いもの知らずで、夏は可愛らしいショートパンツを毎日のように着てファッションを楽しんでいましたが、当時のプリクラを見れば精肉店に並べても良いくらいの太すぎる太ももと筋肉質なふくらはぎをした足がむき出しでとても恥ずかしいです。
年頃になり彼氏もできてからは美脚を手に入れたくて努力をしていました。
下半身デブは血流の悪さが原因だと友達から聞いて知り、なるべく普段の生活の中でも歩くようにしてウォーキングをしました。
仕事は接客販売業でしたので足はパンパンで、ヒールの靴が痛くて仕方ありませんでした。
仕事を終えて帰宅し、疲れきった足をお風呂でよく揉んでマッサージをしました。
仕事の休憩室では寝転び足を天井に向けて上げ、壁に足をかけるような体勢で、下に溜まった足の血液の流れを良くしました。
とてもスッキリします。
休憩室では女性販売員全員が寝転んで足を上に上げていたので面白い光景でしたが、みなさん美脚のために休憩中も女を磨いていたのでしょう。
現在の私は出産、産後太りを経験し特に下半身の肉は落ちにくいので日頃からのお手入れが肝心なのだと痛感しております。
もう昔のようにショートパンツを着ることができるような年ではありませんが年を重ねても美脚でいることができるようにこれからも血流を意識して生活しようと思います。

マッサージは必須!

少しでも脚を細くするために、脚の老廃物を流すという行為はとても大事だと思います。
むくみが常にない方が脚もだるくなりにくいです。
私が行っている方法は
脚にオイルを塗ります。脚が摩擦しないためなのでクリームでも大丈夫です。

体が温まっているお風呂あがりにやっています。
湯銭につかりながらやることもあります。
血液の循環が良くなっているので老廃物も流れやすいのではないかと考えてるためです。

脚の老廃物をリンパに流します。

まずふくらはぎのマッサージは膝裏にあるリンパに流すようにマッサージします。
流し終わったら膝裏リンパ部分もやさしくマッサージします。

太もものマッサージは脚の付根部分に向って押し出すようにマッサージしていきます。
痣にならない程度に強めにマッサージをしても私は痛くないのでぐりぐりやっています。
太ももの付け根部分に老廃物を持っていくような気持ちでマッサージします。
そして最後に付け根部分のリンパ部分をやさしくマッサージします。

老廃物が溜まっているとリンパ部分をマッサージする際に少し痛いです。

手でやるのに疲れたら市販で売られているマッサージ機器を使うこともあります。

マッサージが終わりましたらべたべたするのが気にならない程度に軽く拭き取ります。
洗い流すこともあります。

マッサージの次の日、脚の保湿がされていてすべすべなのと、
さらに便通がとてもいいと、きちんと脚の老廃物を除去できたのだと実感できます。
1週間に3回くらいやっております。